TOP 法律事務所検索 費用について 相談のコツ 助け合い掲示板 用語集 問い合わせ


トップ > 聞き慣れない法律・法曹界用語集 > は

 ■ パートナー (ぱーとなー)

所属する法律事務所の共同経営権を持っている弁護士のこと。共同経営権を持っていない弁護士のことを「アソシエイト」といいます。
弁護士をたくさん抱えているような大きな法律事務所のホームページを見ますと、所属している弁護士を「パートナー」と「アソシエイト」とに分けて表記しているところをよく見ます。しかし、こういった役職名は日本の一般的な企業ではあまり使わないので、注意書きでもないとよく分からないですよね。
(2005.9.27)

 ■ 反訴 (はんそ)

有斐閣法律用語事典を見ますと、「民事訴訟の係属中、被告が口頭弁論の終結前に原告を相手方として本訴に併合して提起する訴え」 とあります。もちろんベストの説明なんですが、法律用語の説明に法律用語を使っているので、一般の方は「係属ってなんだ? 口頭弁論ってなんだ? 本訴ってなんだ?」と、各用語をさらに調べることになってしまい、面倒なんですよね。ある意味、ワンストップサービスではないんですよ。
そこで、誤解を恐れず果敢に説明すると、
「民事訴訟の進行中に、被告から逆に原告を訴えること。ただし、関連する問題はこの際一気に解決してしまおうという制度なので、原告の請求した内容と関連する請求でなくてはならない」。
いかがでしょうか。民事訴訟法の146条に、この規定があります。「条文の方が分かりやすい」、といわれなければ良いのですが。
(2005.10.8)


Copyright (C) 2005 My-Lawyer.jp All Rights Reserved.